信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

信大山岳会復活めざす 部員減悩み―今春は新人4人
2009/05/19 09:48
YAMA200905190098450131918928.jpg

 部員の減少で活動に支障を来していた信大山岳会に今春、新人4人が加わった。伝統ある山岳部の活動を再び盛り上げようと、山岳ガイドなどとして活躍するOBも支援に乗り出している。松本市安曇の島々谷から上高地に入山する伝統の新人合宿も復活し、現役部員とOBが一体になって歩み始めた。

 17日早朝、徳本峠を経て上高地へ向かう林道を新人4人らが歩き始めた。4人が入部するまで唯一の部員だった2年の江川信さん(22)が先頭を歩き、山岳写真家の大木信介さん(30)=東京都=らOB3人が付き添った。

 新人で登山経験はほとんどない土田孝治さん(19)=繊維学部1年=は「松本から見るアルプスにあこがれた」。高校時代に山登りの経験がある小平貴則さん(18)=農学部1年=は「岩壁や冬山をやりたい」と意欲的。このほか小島弾人さん(18)=理学部1年=と、槙拓登さん(20)=理学部3年=が入部した。

 この数年、入部者がなかったり、1人か2人が入部しても辞めてしまう年もあった。このため、北アルプスの横尾をベースとして、涸沢で雪上訓練して、槍ケ岳などを目指す新人合宿は短縮傾向だった。江川さんが入部した昨年は先輩が1人だけで、剣岳周辺の岩場を1週間近く登る夏合宿もなかった。

 経験不足で遭難してからでは遅い-と、OBらでつくる信大学士山岳会も危機感を抱き、昨年11月の総会で現役の支援を決めた。

 ヒマラヤのローツェ(8、516メートル)南壁冬季初完登を成し遂げた田辺治さん(48)ら、国内外で活躍するOBたちが江川さんの指導に当たっている。熱意に応えるように江川さんも、雪山1年目ながら鹿島槍ケ岳東尾根といった雪稜にも挑んだ。

 だが、「まだ自分だけでは何もできない」と江川さん。大木さんは「かつての新人育成のシステムが完全に崩壊している。来年、現役が自立するまで支えたい」と話す。

 今秋、学士山岳会が計画するヒマラヤ遠征にも参加する江川さんは「連れて行ってもらった冬山に、現役だけで行けるようになりたい」と、新人4人との飛躍を思い描いている。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun