信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

開山祭で記念のトレッキング 23日に白馬大雪渓まで
2009/05/13 10:45
YAMA200905130098030133613280.jpg

 白馬村観光局などは、23日に開く「白馬岳貞逸(ていいつ)祭」で行う記念トレッキングの参加者を募っている。同祭は、北アルプス白馬岳(2、932メートル)の夏山シーズン到来を告げる開山祭で、43回目。「白馬山案内人組合」のガイドと一緒に白馬大雪渓まで登る。

 貞逸祭は、白馬岳に山小屋を開設するなど村の山岳観光に功績のあった松沢貞逸(1889-1926年)を顕彰し、その名前を冠して開催している。当日は午前9時から同村の猿倉登山口で神事などをしてシーズンの無事を祈る。

 記念トレッキングは午前10時に猿倉を出発。大雪渓最下部の白馬尻まで登り、午後2時に猿倉に戻る。昨年8月に大雪渓上部で土砂崩落が発生したこともあり、村内には風評などで入り込み数が減るのでは-と懸念する声もある。村観光局は「開山祭を通じ大雪渓の魅力をPRしたい」と話している。

 トレッキングの参加費は無料。天候により中止する場合もある。申し込みは22日まで。当日は、JR白馬駅から猿倉までは臨時バス(往復運賃1000円)が出る。申し込み・問い合わせは同局(電話0261・72・7100)へ。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun