信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

南アの開拓者竹沢長衛の写真や遺品展示…伊那市の仙流荘
2009/04/29 15:02
YAMA200904290097280192378029.jpg

 伊那市は、南アルプス北部の登山道開拓や山小屋建設に尽力した竹沢長衛(ちょうえい)(1889-1958年)の写真パネル、遺品を一般公開する展示コーナーを同市長谷の保養施設「仙流荘」に設け、28日に開所式を開いた。長衛の資料の常設展示は初めて。長衛をしのび記念登山をする「長衛祭」が昨年夏に50回を迎えたのを機に、功績を振り返り南アの歴史を見つめようと設けた。

 仙流荘の一角に設けた展示コーナーは約22平方メートル。写真パネル6点のうち、山小屋で兄弟といろりを囲んで魚を焼く様子、法被を着た姿、長衛が建てた北沢小屋(現北沢駒仙小屋)など4点は今回初めて公開された。遺品としては、市教育委員会が所蔵する長衛愛用のスキーやつえ、親族所有のピッケル、ザック、長衛が出席した座談会を取り上げた雑誌(1941年刊)など13点が並んだ。

 開所式には、親族や南ア北部地区山岳遭難防止対策協会救助隊員ら約30人が出席。長衛の4女、五十嵐睦子さん(71)=伊那市長谷非持=は「4歳の時から父の背負子(しょいこ)で山小屋に連れていってもらった。厳しくともやさしい一面があった」と回想し、「展示場所ができてうれしい」と話した。

 白鳥孝副市長は「南アの歴史をひもとき、山岳観光に目を向けるきっかけになればいい。(展示コーナーを)さらに充実させたい」と述べた。

 長衛祭実行委員会はこの日に合わせて記念誌を発刊した。長衛の略歴、山岳関係者が長衛に寄せた思い出などを収めた。A4判、115ページ。1500円。600部作り、30日から仙流荘と市長谷総合支所で販売する。問い合わせは同支所産業振興課(電話0265・98・3130)へ。






北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun