信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

GW前に登山道規制緩和へ 浅間山警戒下げ、地元歓迎
2009/04/08 11:14
YAMA200904080095510122577100.jpg

 気象庁は7日、浅間山(2、568メートル)の噴火警戒レベルを入山規制の「3」から火口周辺への立ち入りを規制する「2」に下げた。これにより入山が規制される区域は、火口から4キロの範囲から2キロの範囲に緩和される。浅間山への登山道を管理する小諸市は8日にルートを点検し、安全が確認されれば一部を利用できるようにする。観光関係者は5月の連休前に規制が緩和されたことを喜んでいる。

 警戒レベルは2月1日に「2」から「3」に引き上げられ、同2日に小規模な噴火をした。3月15日にも小規模噴火があったものの、噴煙量や火山性地震が減少したことなどから、「火口から4キロの範囲で影響を及ぼす噴火が発生する可能性は低くなった」と警戒レベルを下げた。

 浅間山には南西側の浅間山荘からと、西側の車坂峠からのルートがある。レベル「3」だと、同山荘から入れるのは「一の鳥居」まで、車坂峠からは登山道に入れなかった。「2」になると、ともに火口から2キロの「賽(さい)の河原」まで入ることができる。

 5月6日に山開きを計画している市観光協会の市村憲一総務部長は「タイミング良く緩和となり、とても有難い」と話していた。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun