信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

雪崩の体験語り継ぐ 北ア遠見尾根の死亡事故から20年
2009/03/16 09:31
YAMA200903160093860158137408.jpg

 北安曇郡白馬村の北アルプス遠見尾根で1989年3月、県山岳総合センター(大町市)主催の研修会中に雪崩が起き、松本蟻ケ崎高校(松本市)教諭酒井耕さん=当時(24)=が死亡した事故から丸20年になるのを前に、遺族らが15日、現地を慰霊に訪れた。当時救助された元教諭らが「事故の教訓を語り継ぎたい」と、雪崩の様子を地元高校の山岳部員らに話した。

 雪崩は3月18日、県内高校の登山部員や顧問が参加した「冬の野外生活研修会」中に発生。輪かんじきの歩行訓練をしていた5人が巻き込まれ、4人は救助されたが、酒井さんが亡くなった。

 慰霊は、酒井さんと高校時代からの親友だった大町北高(大町市)山岳部顧問の西牧岳哉さん(44)が呼び掛けた。同校山岳部2年生3人のほか、研修会に参加していた当時の生徒ら12人が参加。白馬五竜スキー場最上部から10分ほど歩いた先にある現場近くの斜面に花を手向け、酒井さんの冥福を祈った。

 当時、松本蟻ケ崎高の山岳部顧問で雪崩に巻き込まれた赤羽康定さん(62)=松本市中山=は「ドドドッと雪が押し寄せて来て、すぐに気を失った。体なんて動かせるものじゃない」と振り返った。木の生え方や雪の断面から雪崩の危険性を判断する方法を説明。生徒らに「雪崩に遭わないよう基本的な知識を身に付けなさい」と力を込めた。

 将来、山岳救助にかかわる仕事がしたいという大町北高の百瀬凜太郎君(17)は「現場に来て、雪崩の怖さが分かった。事故を防ぐためにどうしたらいいか、もっと知りたい」と話した。

 白馬山麓(さんろく)では、昨年2月に同郡小谷村の栂池高原スキー場でスキー実習中の大学生2人が死亡するなど、雪崩事故が後を絶たない。酒井さんの母三重さん(73)=松本市征矢野=は「雪崩で子どもを失う親が二度と出てほしくない。事故を風化させないためにも、体力が続く限り慰霊に訪れたい」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun