信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

南アの山小屋支え10年 伊那市長が管理人夫妻に感謝状
2009/03/12 10:07
YAMA200903120093670182207096.jpg

 南アルプス北部の登山基地、北沢峠にある伊那市営の山小屋「長衛荘」の管理人を10年間務め、本年度で引退する上伊那郡箕輪町の小松喜代男さん(71)、志さ美さん(65)夫妻が11日、小坂樫男市長から感謝状を贈られた。仙丈ケ岳(3、033メートル)や駒ケ岳(2、967メートル)の登山者を支え、切り盛りした日々を振り返った。

 1999年度から管理人となった小松さん夫妻は、定員110人の小屋を、夏や秋の繁忙期には臨時職員の力を借りて運営してきた。最も印象に残っているのは、食事が「おいしかった」と実感を込めて話す登山者の姿。おかずに地元食材を使い、コメのとぎ方や炊き方も工夫を重ねてきた。

 一方、ニホンジカの増加には悩まされた。喜代男さんは「着任したときはほとんどいなかったのに急に増えた。山野草が大きな被害を受けた」。個室や浴衣を求める宿泊客が苦情を言うなど、「山小屋を知らない登山者が増えた」(志さ美さん)面もあった。

 喜代男さんが昨年、病気で体調を崩したことなどから引退を決めた。「今後も登山者に喜ばれる小屋であってほしい」と喜代男さん。小坂市長は「南アの重要な観光拠点を支えていただいた。ご苦労さまでした」とねぎらった。

 来年度、長衛荘は第三セクターの市観光株式会社が指定管理者として経営。新たな管理人が決まっており、当面は小松さん夫妻が指導に当たる。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun