信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

日本百名山で夏山予報 信州は30山、気象協会今夏にも
2009/01/05 09:29

 日本気象協会(東京)は今夏にも、現在全国25山の夏山予報を拡充、登山客に人気が高い「日本百名山」を網羅した予報を始める。百名山は作家の故深田久弥が定義し、長野県には都道府県別で最も多い30山が集中。県内分を担当する長野支店(長野市)は、昨夏に各地で被害をもたらした落雷の発生予測も充実させ、「より精度の高い予報にしたい」としている。

 百名山は大雪山(北海道)、八甲田山(青森県)、阿蘇山(熊本県)など、深田が独自の観点で選んだ山々。登山者に人気が高く、全山踏破を目指す人も多い。県内では北アルプスの槍ケ岳、奥穂高岳、常念岳のほか、浅間山、雨飾山など、ほぼ全域に点在している=地図。

 現在、県内で夏山予報の対象になっているのは北アの白馬岳や槍ケ岳、八ケ岳の夏沢峠、中央アルプスの駒ケ岳など10山。長野支店の気象予報士が高層天気図から各山の天候を予測。昨年から週間予報も発表し、インターネットのホームページなどで毎日2回発表している。一部の山では近くの山小屋と連携し、最新の小屋や頂上周辺の写真もホームページに掲載している。

 夏山予報は少なくとも40年前から続いており、今回が初の大幅刷新。新たな「百名山予報」について、同協会は態勢が整った山から順次発表する方針だ。長野支店は夏山シーズン中、「○日は晴れるか」といった問い合わせが全国から相次ぐため、山小屋との連携をさらに強化しながら、「安全な登山のための独自情報を出したい」(木村貴明・気象予報士)としている。

 山岳地帯は天候が変わりやすく、登山中の事故が後を絶たない。昨年8月も中アで女性登山客が落雷で死亡した。

 県山岳遭難防止対策協会講師の丸山晴弘さん(68)=長野市=は、人気の高い百名山ごとの気象予報を歓迎する一方、大勢の登山客が訪れる分、安易な判断で事故に遭うケースも多いとして、「ピンポイント予報を活用しながら、無理のない安全な登山を心掛ける必要がある」と指摘している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun