信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

浅間山警戒レベル「2」 気象庁が連絡会議で説明
2008/11/19 10:03

 長野、群馬両県や周辺市町村などでつくる浅間山火山防災対策連絡会議は18日、本年度2回目の会合を北佐久郡軽井沢町内で開いた。気象庁浅間山火山防災連絡事務所(軽井沢町)の前川和宏事務所長が、やや活発になっている最近の浅間山の火山活動について説明した。

 浅間山の噴火警戒レベルは8月8日に1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げられ、同月10日未明、3年8カ月ぶりにごく小規模な噴火が発生。翌11日と14日にも同程度の噴火があった。

 会合で前川所長は、火山性地震は噴火後の8月下旬に1日200回以上の日もあり、増減はあるが多い状態が続いている-とした。上空からの火口内の観測によると、今月11日には至る所から噴煙が上がり、地表温度は8月10日に比べ高温領域が増加。火映現象は、天候がよければ高感度カメラで頻繁に観測されており、全体として「レベル2の中でもやや活動的という印象を受ける」と話した。

 今後については「3(入山規制)になるかは分からないが、(活動の高まりを示す)肉眼での火映観測や、マグマの上昇がないか注視する必要がある」とした。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun