信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

霧ケ峰、一足早く冬景色 草原にうっすらと霧氷
2008/11/13 10:05
YAMA200811130087000162627667.jpg

 諏訪市郊外の霧ケ峰で草原を霧氷が覆い、一足早い冬の訪れを告げた。車山湿原周辺はレンゲツツジ、ゼンマイ、ススキなどが白く染まり、遊歩道には5センチほどの霜柱もできていた。

 11日午前8時半の気温は氷点下2度。車山肩の山小屋「ころぼっくるひゅって」を経営する手塚宗求さん(77)=諏訪市上諏訪=によると、山小屋周辺で今季初めて霧氷が見られたのは10日。例年10月下旬には霜が降りるが、今年は温暖傾向で、霜柱も少ないという。

 シベリアから飛来し、霧ケ峰の冬を象徴する渡り鳥ハギマシコも10月末から現れたといい、手塚さんは「これからまきを小屋の中に積み込むなど冬支度をしないと」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun