信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

八ケ岳「ぜいたくな眺め」 山頂の冠雪と林の紅葉
2008/10/29 10:46
YAMA200810290086170151824335.jpg

 諏訪地方が久々に晴れ渡った28日、八ケ岳連峰の主峰、赤岳(2、899メートル)などの山頂付近が雪をかぶった様子が、山麓(さんろく)の茅野市や原村からはっきりと見られた。盛んにカメラのシャッターを切る写真愛好家や、絵を描く観光客の姿が見られた。

 茅野市の美濃戸口にある八ケ岳山荘によると、赤岳の山頂付近は26日に降った雪が残っているという。今季の初冠雪は9月終わりにあり、2週間ほど前にも雪が降った。別の山荘によると、木に付いた霧氷も見られるという。

 川崎市から妻と旅行で訪れた小山宗一さん(65)は、茅野市のエコーライン沿いで白くなった八ケ岳や紅葉が進む林を写生しながら「本当にぜいたくな眺めですね」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun