信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

北ア北部が冠雪 県内冷え込み今秋一番
2008/09/27 15:25
YAMA200809270084220123353975.jpg

 日本上空に寒気が入り込んだ26日夜から27日朝にかけて、北アルプス北部などで雪が降り、ふもとからも冠雪した光景を望むことができた。

 北ア北部の白馬岳(2、932メートル)の山頂直下にある白馬山荘によると、一帯では2、3センチの降雪となり、吹きだまりは10センチほどになった。山荘からは新雪を踏みしめて山頂を目指す登山者の姿も見られた。

 白馬岳南方の針ノ木岳(2、821メートル)近くの針ノ木小屋周辺でも約1センチの降雪。小屋のスタッフは「午前10時ごろでも氷点下2度と寒かった」と話した。

 また、上水内郡飯綱町倉井では、稲刈りを待つ水田や果樹園の向こうに妙高山(2、454メートル)が白く雪をかぶった姿を見せた。

 長野地方気象台によると、27日朝の県内はこの秋一番の冷え込みとなり、最低気温は長野が9・6度、松本9・4度、諏訪10・0度、飯田9・8度、軽井沢では5・2度を観測した。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun