信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

新人女性隊員が奮闘中 遭対協・涸沢常駐隊の田中さん
2008/08/12 10:25
YAMA200808120080900144889628.jpg

 北アルプス南部地区山岳遭難防止対策協会の涸沢常駐隊で今夏、唯一の女性で新人の田中則子さん(35)=福岡県北九州市=が活動している。慣れない仕事の連続に戸惑いながらも、登山者の安全に貢献しようと、8人の男性隊員とともに奮闘している。

 田中さんは地元の九州で、十数年前から結婚式場のビデオカメラマンとして働く。ハイキングが趣味で、山を歩いている時は気分が晴れて嫌なことも忘れられるという。以前から山岳関係の仕事にも興味を持っており、インターネットのサイトで常駐隊員の募集を知り、応募した。

 ビデオカメラマンの仕事を休み、7月9日から涸沢の山岳総合相談所に常駐。しかし、「想像していた仕事とはちょっと違っていた」。実際の遭難救助にはベテランの救助隊員らが当たり、田中さんは炊事、洗濯、無線の番などを担当することがほとんど。今年は遭難が多発し、隊員が慌ただしく活動する中、直接力になれない自分にもどかしさを感じるという。

 それでも「登山者の安全に少しでも役立っていると信じて、自分にできることを精いっぱい頑張りたい」と田中さん。一緒に入隊した男性の新人2人と力を合わせ、任務に励む。涸沢には22日まで詰め、登山者へのルート案内にも対応している。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun