信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

ひんやりと緑の癒やし 北八ケ岳の苔庭
2008/07/31 10:23
YAMA200807310079860148833636.jpg

 北八ケ岳天狗岳(2、646メートル)のふもと、小海町の山小屋しらびそ小屋近くに、コケに覆われた林の中を周遊できる「苔(こけ)庭」がある。標高約2000メートル。登山道から外れて山の懐に入るため静かで、気温は日中でも20度ほど。うだるような真夏でも、緑に囲まれて癒やしの時を過ごせる。

 目印の赤いテープを探しながら、身をかがめて木々の間を進むと、一面緑の世界に出る。コケはふかふかの感触。いくつもの岩を覆ってつながり、その上にコメツガなどの林を形成している。岩陰には雪が残り、ひんやりとした冷気を放っている。

 一人で東京から訪れた会社員木村千奈美さん(45)は「空気が気持ちいい。本物の北八ケ岳という感じ」と感激。登山ルートの半ばにあり通過する人が多いが、しらびそ小屋主人の今井行雄さんは滞在客に「落ち着く場所だよ」と紹介している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun