信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

360度の眺望を楽しむ 入笠山で山開き
2008/06/02 10:13
YAMA200806020075280106290691.jpg

 富士見町と伊那市境の入笠山(1、955メートル)で1日、山開きがあった。朝から晴れ間が広がり、風も穏やかな絶好の日和。両市町関係者や登山者らが夏山の安全を祈った。

 登山口の御所平峠駐車場で午前11時すぎから神事と式典をした。矢嶋民雄富士見町長をはじめ、伊那市、地元旅館組合、入笠牧場を管理する上伊那農協(伊那市)などの関係者のほか、県内外の家族連れや中高年グループなど計約250人が参加。終了後、登山者は記念のピンバッジと飲み物を受け取り、さっそく山頂を目指した。

 標高差約160メートルの道を30分ほどで頂上に着くと、中央アルプスや八ケ岳など360度の眺望を楽しみながら昼食。東京都杉並区から家族や近所の人と日帰りで来た自営業の男性(62)は、各地の山に登っているが入笠山は初めてといい、「簡単に登れて、東西南北の眺めが素晴らしい。これほどの場所はなかなかない」。

 この日は八ケ岳の赤岳などでも開山祭が行われた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun