信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

北ア眺望のヘリツアー共同で 安曇野の9宿泊施設
2008/05/09 14:58
YAMA200805090073380158054793.jpg

 安曇野市内の9宿泊施設が10日から計6日間、ヘリコプターで北アルプスを眺望する遊覧飛行ツアーを行う。2004年から「ほりでーゆ~四季の郷(さと)」が単独で春と秋に行ってきた企画で、残雪の北アルプスを安曇野の観光資源として生かそうと周辺の施設が連携。山岳の魅力を体感してもらい、安曇野への再訪につなげる。

 「ほりでーゆ~」営業課の吉田益文課長によると、遊覧飛行は登山から退いた高齢の山岳愛好者に好評で「登山道や雪渓を上空から間近に眺め、新たな発見に感動する人も多い」。1施設から連携の申し入れがあったのを機に、広く市内の宿泊施設に参加を呼び掛けた。観光需要が一段落する大型連休後の集客策でもある。

 各施設からの送迎バスや自家用車でほりでーゆ~に集まり、専用バスで三股登山口へ向かう林道沿いの臨時ヘリポートに移動。ヘリは東邦航空(東京)が運航し、1回の乗客は5人。15分間で常念岳や蝶ケ岳の山頂付近を飛行する。

 1日に最多で14便の運航を見込む。期間は10-12日と24-26日。料金は日帰りで大人1万5000円、3歳から12歳まで1万2000円。専用の宿泊プランを組む施設もある。

 今年秋にも計画しており、継続していく方針。ほりでーゆ~の吉田課長は「山岳はこれからの安曇野観光の目玉になる。北アルプスが魅力的な安曇野のイメージを定着させたい」と話している。

 ほかの参加施設は、ダイヤモンドあずみ野温泉ホテル、ビラあずみ野、穂高ビューホテル、ホテルアンビエント安曇野、ルートイン安曇野豊科、ビレッジ安曇野、長峰荘、ファインビュー室山。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun