信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

安全へ「努力重ねる」 大町登山案内人組合90年式典
2008/02/25 09:32
YAMA200802250067540108230125.jpg

 大町市の大町登山案内人組合は24日、創立90周年記念式典を市内で開いた。山岳関係者ら約80人が出席。1917(大正6)年に同組合を設立した北アルプス登山の先駆者の1人、百瀬慎太郎(1892-1949年)に思いをはせ、安全登山への決意をあらたにした。

 現在の組合員は37人。山岳ガイドのほか、北アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会のメンバーとして救助活動にも携わっている。狩野正明組合長(60)は「事故の防止、おもてなしの心をモットーに、多くのお客さまに訪れていただけるよう努力を重ねていきたい」とあいさつした。

 来賓の牛越徹市長は「組合の心意気、熱意をこれからも頼りにしたい。山に登るように一歩ずつ確かな足取りで100周年を目指してほしい」と期待を込めた。

 登山家で整形外科医の金田正樹さん(61)=東京都=が講演。これまでに凍傷患者約800人を診察し、うち約4割は手足の指を切断しなければならなかったといい、「登山は命へのリスクが非常に高い。体力、知識、経験、山に対する謙虚な気持ちが大切だと思っている」と話した。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun