信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

冬の岩場で救助訓練 南佐久遭対協など
2008/02/24 12:00
YAMA200802240067520129622720.jpg

 南佐久地区山岳遭難防止対策協会と南佐久署は23日、佐久穂町高岩地区の岩場で冬季の山岳救助訓練を行った。県警山岳救助隊員2人を講師に、計20人がザイルやハーネスを使い、負傷者を想定した搬送や、がけの上り下りを実習した。

 搬送訓練では、背負った負傷者の両腕と両足をザイルで自分の体に固定して搬送する方法を学んだ。参加者は「劣化の原因になるのでザイルを絶対に踏まない」などと注意を受けていた。

 約20メートルの岩場で上り下りする訓練では、腰の部分に取り付けたハーネスにザイルを通して安全を確保し、互いに「ゆっくりゆっくり」「ゆるめゆるめ」などと声を掛け合っていた。

 同遭対協によると、南佐久地区では今年はまだ遭難は起きていないが、降雪量が多く、凍結による滑落などの危険性が高いという。木内義人隊長(53)は「訓練の成果を生かし、遭難には迅速に対応したい」と話した。






北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun