信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

上高地を考える談話会 信大の山岳研が松本で3月開催
2008/02/21 14:56

 信大(本部・松本市)の山岳科学総合研究所は3月1日、信大松本キャンパスで「第1回上高地談話会」を開く。北アルプスの上高地や槍・穂高連峰の貴重な自然を守り、次世代に伝えていく方法を考えていこうと企画した。年数回開き、5年後をめどに提言としてまとめる方針だ。

 同研究所は来年度から5年間、上高地一帯で地質や気象、生態系など、戦後はあまり行われてこなかった基本的な調査を大規模に行う。調査に合わせ、市民とともに一帯の自然を守る方策も考えていく。

 第1回は、鈴木啓助所長が、同研究所の今後の研究などについて紹介。理学部の教員が昆虫の遺伝子からみた上高地の成り立ちについて解説するほか、地元町会長や市安曇支所長が上高地への思いなどを話す。

 鈴木所長は「上高地の貴重な自然を残していくためにはどうすれば良いのか、一緒に考えていきたい」と話している。

 談話会は午後2時から。入場無料。問い合わせは信大山岳科学総合研究所(電話0263・37・2342)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun