信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

山頂に「雪の冠」 八ケ岳連峰や南アルプス
2007/10/21 10:13

 県内の山岳は20日にかけて雪の天候となり、八ケ岳連峰や南アルプスも雪に覆われた。

 原村の八ケ岳中央農業実践大学校からは同日、白くなった八ケ岳連峰の阿弥陀岳(2、805メートル)や横岳(2、829メートル)を見ることができた。りょう線の赤岳天望荘によると、19日に雨がみぞれや雪となり、20日朝には小屋周辺で3、4センチの降雪となった。

 横浜市から来た会社員の中山寛晴さん(35)は20日、八ケ岳連峰を眺めながら「空気も澄んでいてきれい」と話した。

 伊那市内からは同日午後、青空を背に山頂一帯が白くなった南アルプス仙丈ケ岳(3、033メートル)を望むことができた。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun