信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

カールに鮮やかな彩り 北ア・涸沢で紅葉が見ごろ
2007/10/10 14:44
YAMA200710100060190122467448.jpg

 松本市の北アルプス・涸沢の紅葉が見ごろを迎えている。雲一つない晴天に恵まれた10日朝は、朝日に照らされたナナカマドやダケカンバの赤や黄色が鮮やかにカールを彩り、訪れた登山者の目を楽しませた。

 標高約2300メートルの涸沢ヒュッテには9日夜、平日にもかかわらず200人以上が宿泊。10日朝は1度近くまで冷え込んだが、日の出前から山並みに向かって大勢のカメラマンが待ち構え、朝日が穂高連峰を赤く染め始めると一斉にシャッターの音が響いた。「秋の涸沢には初めて来た。色はもう少しあったほうが良かったけどそれでも素晴らしい」と千葉県我孫子市から夫婦で訪れた今嶋保雄さん(63)。

 同ヒュッテ社長の山口孝さん(59)は「今年は9月に暖かい日が続いたので少し赤色は足りないが、今年一番の見ごろに最高の天気になった」と話していた。ヒュッテ周辺の紅葉は今週いっぱいまで。その後、紅葉前線は次第に山を下っていく。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun