信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

最大で9000立方メートル崩落 小蓮華山の調査報告会
2007/09/05 10:08

 中信森林管理署は4日、北アルプス白馬連峰の小蓮華山(2、769メートル)の山頂部崩落について、8月下旬に行った現地調査の報告会を北安曇郡白馬村役場で開いた。同管理署の依頼で調査した信大農学部の北原曜教授(治山学)は崩落はさらに進むと予測し、山頂部の現登山道の迂回(うかい)を提案。山頂下部にあり、白馬大雪渓に続く人気ルートには影響がないとの見解も示した。

 白馬村や長野県、新潟県から山岳や行政関係者約40人が出席した。北原教授によると、山頂部で長さ54メートルと50メートルの大小2本の亀裂を確認。山頂部は長野県側に急峻(きゅうしゅん)な地形で、大亀裂を境に長野県側に最大9000立方メートルの土砂が崩落する可能性があるとした。1日1・73センチのペースで土砂がずれ落ちており、「小規模な崩壊を繰り返し、近い将来に全量が崩れる」と予測している。

 崩壊した土砂は、白馬沢にある長さ約1キロの土砂堆積(たいせき)地にとどまり、さらに下部にある大雪渓ルートには到達しないとした。一方で、白馬沢は登山道ではないが、山菜採りや山スキーで人が入るため、沢への入山を禁止すべきだとした。

 白馬沢への立ち入り禁止は、既に同管理署が3日、呼び掛けを始めている。今後は山頂の立ち入り禁止区域を広げ、9月にも迂回登山道を整備。関係団体が連携して亀裂の測定を続けることも確認した。



小蓮華山の山頂部に走る2本の亀裂。亀裂の左側の張り出した部分が長野県側(左)へ崩落する可能性が指摘されている。登山道は新潟県側(右)へ付け替える計画だ=8月24日(北原曜教授提供)



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun