信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

咲き競う花々―ようやく見ごろに 涸沢のお花畑
2007/08/17 14:57
YAMA200708170057540170070799.jpg

 残雪が多かったため、例年より2週間ほど開花が遅れていた北アルプス涸沢のお花畑が、見ごろを迎えている。青空に稜線(りょうせん)が際立つ穂高連峰と、斜面を覆う白や黄色の花々が鮮やかなコントラストを描いている。

 標高約2300メートルの涸沢のテント場は、今も雪があちこちに残る。奥穂高岳(3、190メートル)に向かうパノラマコースのお花畑とその周辺では、ようやくここ2、3日の間に、白いハクサンイチゲ、黄色いシナノキンバイやシナノオトギリなどが一斉に咲いた。

 新潟県長岡市の自営業、増田文雄さん(61)は7日に涸沢を訪れ、「あまりに風景がきれいだったので」と、15日、今度は妻と一緒にやってきた。「1週間前はこんなに花が咲いていなかった」と、笑顔。妻と花々、稜線を入れて盛んにシャッターを切っていた。

 毎夏、開花情報や見どころを登山者に紹介する「涸沢周辺花MAP」を作っている涸沢ヒュッテ従業員の中江保子さん(25)は「今年は、花の色がより鮮やかで、天気の良い日には空との対比がすてきです」。1-2週間後にはクルマユリやハクサンフウロが見ごろになる見込みといい、開花が遅れた分、お花畑は普段の年より遅い8月末まで楽しめそうだ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun