信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

県警航空隊の救助者通算1000人に 山岳遭難救助が8割
2007/08/15 09:17

 県警地域課航空隊が県警ヘリコプターで救助した人が、13日で1000人に達した。同隊にヘリが実働配備された1981年5月からの累計。同日、北ア北穂高岳で滑落や脱水症状による歩行困難で2人が救助された。近年は中高年の登山人気を受け、山岳遭難でのヘリ出動が増えている。

 1000人の内訳は、山岳遭難者が831人、大雨や土砂災害などの被災者125人、救急患者40人、水難者4人。

 地域課によると、航空隊発足当初、ヘリによる救助は年間数人の年もあったが、2代目「やまびこ」を導入した2002年以降「年間80人前後のペース」で推移。背景に中高年の登山ブームがあるとみている。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun