信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

「あの日」を忘れない 西穂高の落雷遭難から40年
2007/08/02 10:08
YAMA200708020056610188539038.jpg

 北アルプス・西穂高岳独標付近(2、701メートル)で1967(昭和42)年、集団登山中の松本深志高校(松本市)2年生が落雷に遭い、11人が死亡、13人が重軽傷を負った遭難事故から1日で40年がたった。現場へは、同校の同窓生や坂巻道弘校長らが慰霊登山をし追悼。同校でも、遺族や同期生らが慰霊碑の前で手を合わせた。

 午前11時すぎ、独標東側斜面の岩場で行った追悼式には、県外に住む同期生を含め、20人近くが参列。黙とうの後、同校に伝わる「祝記念祭歌」を静かに合唱した。富士山までも見渡せる真っ青な空に、「40年前の落雷が信じられない」とつぶやく人もいた。

 今回が14回目の慰霊登山になる鈴岡潤一さん(57)は事故の際、重傷を負った。現在は母校の社会科教師で、山岳部顧問も務め、部員3人と31日から入山した。

 当時、46人の登山隊の最後尾近くを歩き、独標北側斜面の鞍部(あんぶ)近くで落雷に遭った。背中から右足にかけて雷が走り、はじき飛ばされた際に右耳を裂傷。後ろに居た男子生徒は死亡、前に居た教師は重体となった。

 生き残った幸運をどう生かせるか自問してきた-と鈴岡さん。「山岳部の生徒が昨年から追悼登山を始めた。彼らが事故のことや命の大切さを受け継いでくれることが何よりうれしい」

 同期生の牧野恵子さん(56)=仙台市=は同期会の写真と同校創立130周年の記念DVDを持参した。「みんな元気にやってるよ-と、報告するのが私の役目。これからも慰霊登山を続けたい」と涙をふいた。

   ◇

松本深志高生の西穂高岳落雷遭難 1967年8月1日午後1時40分ごろ、松本深志高校の集団登山パーティーが、西穂高岳山頂から下山中、独標で落雷に遭い生徒11人が死亡、生徒と引率教師13人が重軽傷を負った。引率教師5人を含む計55人が参加し、46人が西穂に登頂した。集団登山のあり方や気象判断をめぐってさまざまな論議があったが、県警は引率者の過失責任は問わなかった。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun