信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

山岳ガイドめざし八ケ岳で研修 妙高の専門学校生
2007/07/28 11:30
YAMA200707280056310110962685.jpg

 八ケ岳連峰硫黄岳(2、760メートル)近くの夏沢峠にある山小屋「ヒュッテ夏沢」で、国内で唯一山岳ガイドを養成する国際アウトドア専門学校(新潟県妙高市)山岳プロ学科(3年制)の2年生荒川恵さん(23)が研修を受けている。同校によると、山小屋での学生研修は全国的にも例がない。荒川さんは8月5日まで八ケ岳に滞在。県内中学生の学校登山にガイド助手として同行し、「プロのガイドがどんな気配りをしているかを学びたい」と意欲を燃やしている。

 荒川さんは東京都出身で、都内の女子高在学中は山岳部に所属していた。卒業後は、フリーター生活を送っていたが、「やっぱり山にかかわる仕事がしたい」と思い立ち06年、山岳プロ学科開設2年目の同専門学校に入学した。

 同学科の2年生は全6人。研修制度は本年度始まり、学生たちは7月下旬から8月中旬にかけて、新潟県内の旅行会社が主催する北アルプスへの登山ツアーなどに同行、現場のガイドから仕事を学んでいる。山小屋での研修を選択したのは荒川さんだけで、7月23日からヒュッテ夏沢に滞在。学校登山のガイド助手をするとともに、食事作りなどの小屋仕事も学んでいる。

 25、26日は、同小屋に泊まる浅科中学校(佐久市)の2年生62人の学校登山にふもとから同行。硫黄岳に向け、山岳ガイド村上周平さん(51)=富士見町若宮=とともに生徒たちを見守り、生徒がしっかりとザックを背負えるように腰のザックベルトを点検したり、「疲れていない?」と声を掛け、体調に気を配っていた。荒川さんは「自然の楽しみを伝え、生徒が今後も山に登るきっかけをつくりたい」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun