信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

梅雨の登山、一瞬の晴れ間の魅力 赤岳天望荘
2007/07/06 10:04
YAMA200707060054480194240114.jpg

 梅雨の八ケ岳の登山者は雨具を着て、足元に気をつけながら登る。雨で視界が悪い上、雨具で中が蒸れて、快適とはいえない。

 それでも雨の中を歩く魅力は、一瞬訪れる晴れ間の雄大さだ。山の天気は変わりやすく、天気予報で雨となっていても、まれに雲が切れ、わずかの間、山の頂を見ることができる。その迫力は格別だ。

 流れる雲と岩肌に光る水滴。そして、足元には高山植物が生き生きと花を咲かせている。周りにはほかの登山者がいない。八ケ岳を独り占めしたように感じる。ただ、雨の日はルートを間違えないように気を付けたい。

 (赤岳天望荘 藤森周二)


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun