信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

新緑に響く児童の歌声 上高地でウエストン祭
2007/06/04 10:29
YAMA200706040049260157033235.jpg

 日本山岳会信濃支部は3日、日本アルプスを世界に紹介した英国人宣教師ウォルター・ウェストンの業績をたたえる「第61回ウエストン祭」を松本市安曇上高地のウェストン碑前で開いた。ケショウヤナギやダケカンバなどの新緑に囲まれ、残雪の霞沢岳を背に地元小学生らが合唱。登山客ら約500人が歌声に耳を傾けた。

 曇り空から時折日が差す中、同市安曇小4年の児童と保護者ら15人ほどが山がテーマの歌を披露。その後、出席者代表が碑に献花して夏山シーズンの安全を祈願した。

 徳本(とくごう)峠を越えて上高地に入る恒例の記念山行は、昨年7月の豪雨などで登山道が破損し、通行止めになっているため中止。今年は支部関係者のみで前日に焼岳登山をした。

 市によると、徳本峠登山道の開通は9月末ごろになる見通しだ。同支部の金子丞二支部長(69)=安曇野市三郷=は「夏山シーズンに間に合わないのは残念だが、来年以降歴史ある山行が復活するよう早期復旧に期待したい」と話している。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun