信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

「登山」「トレッキング」明確に 白馬村がパンフ改訂
2007/05/30 11:16
YAMA200705300048820106299426.jpg

 北アルプス白馬岳(2、932メートル)の白馬大雪渓などで、登山とトレッキングの区域を明確に分け、観光客に周知させる動きが広がっている。装備や知識が不十分なツアー客らの事故を防ぐ狙いだ。北安曇郡白馬村は、白馬大雪渓に向かう猿倉登山口に両区域の区分を示した看板を設置。村観光局も観光パンフレットの表記を改訂し、全国に配っている。

 白馬大雪渓では昨年8月、登山ツアーで訪れた東京の女性2人が落石を受け死傷した。山岳関係者らは、観光に近い初心者らのツアーとみられるのに、大雪渓を200メートル近くも登っていた点を問題視していた。

 山岳関係者らは今年2月の会議で、大雪渓下部の白馬尻(1、560メートル)にある石積みの道しるべを「大雪渓ケルン」と名付け、登山とトレッキングの両区域の境界地点とする統一見解を確認。大雪渓に入ることを「登山」と強調している。

 村観光局は、従来の「白馬・登山トレッキングマップ」に、同ケルンの位置や注意書きを加えた改訂版6万部を作成。全国のスポーツ店や旅行会社に配布、村内の公共施設などにも置いている。

 マップではほかに、唐松岳(2、696メートル)に向かうルートのうち、約2000メートルの八方池までをトレッキング区域と規定。五竜岳(2、814メートル)も、約2000メートルの小遠見山より上部への立ち入りは、十分な装備や知識が必要と示している。村は7月上旬までに、両地点にも猿倉登山口と同様の看板を設置する方針。

 村観光局は「区域分けを参考に、観光客は安易に登山区域へ立ち入らず、安全に山を楽しんでほしい」としている。

【写真(上)説明】白馬村観光局が改訂した「白馬登山・トレッキングマップ」。トレッキングの範囲を示した注意書きなどが加わった



白馬大雪渓の下部。中央右の石積みが、登山とトレッキングの両区域を分ける目印として「大雪渓ケルン」と名付けられた=2005年7月



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun