信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

季節外れの霧氷「白銀の世界」 赤岳天望荘
2007/05/24 10:47
YAMA200705240048270130312241.jpg

 20日朝、窓越しに周辺を見ると、「白銀の世界」。山小屋の外の温度計を見ると、氷点下2度だった。赤岳(2、899メートル)と横岳(2、829メートル)は季節外れの霧氷に覆われた。

 遠くに見える水田が朝日に光り、八ケ岳のすそ野は新緑が映えている。一方、標高2、500メートル以上の岩稜(がんりょう)は白い。初夏と冬の風景が目の前に広がって、しばし朝の仕事も忘れ、寒さに震えながら堪能した。

 今年は雪解けが遅く、標高が高い樹林帯にはしっかりと雪が残っており、沢筋にも残雪が多い。登山にもピッケルやアイゼン(靴底に付ける金属のつめ)がまだ必要だ。それでも日々、雪解けが進み、八ケ岳にも遅い春がゆっくりと確実に訪れている。

(赤岳天望荘 藤森周二)



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun