信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

崩落現場「今は安定」 白馬大雪渓を上空視察
2007/05/22 10:20

 白馬村と国土交通省松本砂防事務所は21日、北アルプス・白馬岳(2、932メートル)周辺の上空視察をした。2005年と06年に白馬大雪渓で発生した崩落現場について、信大の北沢秋司名誉教授(治山・砂防学)は「今のところ安定している」と指摘。26日の夏山開山祭「貞逸(ていいつ)祭」は予定通り開く。

 上空視察は、夏山シーズンを前に、白馬大雪渓の崩落現場2カ所の状況を確かめる目的で実施。北沢名誉教授や、北ア北部地区遭対協の降籏義道救助隊長ら計11人が、ヘリコプターから現場付近を目視した。

 北沢名誉教授は、05年の崩落現場について、崩落した部分の上部の岩に、亀裂が見られるものの、昨年5月の視察時とほぼ変化はないと指摘。「今すぐにも崩れる状況ではない」とした。降籏隊長は「4、5月の降雪で標高2000メートルより上部の積雪は例年並み。新たな雪庇(せっぴ)も見られ、例年通りの注意が必要だ」としている。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun