信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

雪崩情報をネットで発信 白馬のNPO今冬から
2006/12/31 09:49

 雪崩事故の防止や巻き込まれた人の救助方法を研究している北安曇郡白馬村のNPO法人「ACT(アクト)」は1月、北アルプス北部で起きた雪崩情報をインターネットで発信する事業の本格運用を始める。白馬村と同郡小谷村の全10スキー場から雪崩発生地点や気象などの情報提供を受け、ホームぺージ(HP)に掲載し、毎日更新する。入山が適切か、山スキーヤーらが判断する材料にする狙いで、全国でも珍しい取り組みという。

 北アでは今年4月、山スキー中の雪崩事故が続発。小谷村栂池高原から入山した3人など計6人が死亡した。山スキーは近年、中高年を中心に人気が高い。スキー場のリフトを使い山に入るスキーヤーも多く、安全対策が課題になっていた。

 ACTは昨シーズン、雪崩情報のHPへの掲載を試験的に始めた。今年は、元村幸時代表(44)が両村の全10スキー場に情報提供を依頼。小谷村や白馬村観光局も協力を求め、全スキー場から承諾を得た。

 各スキー場は、雪崩事故防止のために収集するゲレンデ上部の情報を提供。ACTはHPを午前10時をめどに更新する。雪崩があれば、発生した斜面の方角や標高を公開。ゲレンデ上部の天候や風速、積雪量も載せる。雪崩発生は1月上旬ごろからの見込みで、現在は気象情報だけ発信している。HPは携帯電話でも閲覧できる。

 「情報があれば、雪崩のあった斜面を避けてルートを選んだり、ゲレンデ滑走に切り替えたりする判断に役立つ」と元村代表。白馬五竜スキー場索道営業部の内川圭一次長(54)は「スキー場が一丸となって取り組むことは有意義。4月の雪崩事故も、事前に情報を得ていれば判断は違ったかも知れない」と話す。

 民間のアルプス雪崩研究所(白馬村)の若林隆三所長(66)は「ヨーロッパでは国や州レベルで5段階の雪崩予報があるが、日本は気象庁の雪崩注意報だけで、山スキーヤーの判断材料が少ない」と指摘。雪崩情報の発信は、北海道ニセコ町など一部にとどまっているという。

 ACTのHPアドレスはhttp://www.actjapan.org/



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun