信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

救助の半世紀振り返る 北ア北部遭対協が式典
2006/11/26 09:36

 北アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会は25日、創立50周年記念式典を大町市内で開いた。山岳遭難防止や救助活動に貢献した27人を表彰したほか、半世紀にわたる救助活動の歴史を振り返る映像を上映、記念冊子も配られた。







 山岳や行政の関係者ら約120人が出席。受賞者を代表し、山小屋などを経営する白馬館(白馬村)の松沢貞一社長が「山小屋の歴史は100年だが、遭難が増えた後半は遭対協の50年だった。命懸けの救助活動に頭が下がる思いでいっぱい」とあいさつした。







 同遭対協の前身、北アルプス遭難対策会は1956(昭和31)年創設。この日配布された記念冊子「遭隊協50年のあゆみ」は、昭和20年代後半からの遭難事故急増に伴う遭隊協設立の経緯や、救助体制の進展がまとめられた。また、遭難を報じた新聞記事を集め、事故の悲惨さや過酷な状況下での救助活動の苦労をつづっている。







 上映された映像は、県警航空隊が昨年から今年にかけて相次いだ遭難事故での救助活動の様子を収録。雪崩現場で生存者を救うため必死に雪をかく救助隊員の姿が映し出されると、出席者は真剣な表情で見つめていた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun