信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

八ケ岳が初冠雪 阿弥陀岳や横岳
2006/11/08 10:24
YAMA200611080034580110479085.jpg

 八ケ岳連峰の阿弥陀岳(標高2、805メートル)や横岳(標高2、829メートル)の山頂付近が7日、雪で白く染まった。山小屋関係者によると今季の初冠雪といい、写真愛好家らが訪れてはシャッターを切っていた。

 諏訪側の登山口、茅野市美濃戸口にある八ケ岳山荘によると、6日夕から7日午前にかけて同山荘付近では雨が降った。この雨が山頂付近では雪になったとみられる。阿弥陀岳周辺の初冠雪は昨年に比べ10日ほど遅い。

 ふもとの八ケ岳中央農業実践大学校(原村)からはこの日昼ごろ、上空の雲が強風で流れる中、白くなった横岳などの山頂を望むことができた。

 諏訪市に向かう途中、撮影のために大学校に立ち寄った福島県郡山市の横山鉄郎さん(72)は「上信越道から降りた佐久側からも冠雪がきれいに見えた。いい写真が撮れた」と話していた。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun