信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

焼岳の山腹から白い噴気 噴火の兆しではないと気象庁
2006/09/29 09:45

 活火山の北アルプス・焼岳で、山腹に立ち上る噴気が目撃されている。気象庁によると噴火の兆しではないが、山頂以外から白い噴気の上るさまに関心を寄せる観光客らも。松本市芳川村井町のタクシー運転手、四谷卓男さん(61)は25日朝に乗鞍岳山頂付近から噴気を撮影し、信濃毎日新聞社に写真を寄せた。

 噴気が見えるのは、南西側の斜面。気象庁火山課の長田芳一・火山監視・情報センター所長は「地下水が加熱されて噴出したもので、マグマが直接関与したものではないと考えている」と説明。地震計の観測データなどから「現在の焼岳は、地震活動等に特段の変化はない。今回と同様の噴気はこれまでも時々見られている」としている。

 焼岳は山頂付近から頻繁に水蒸気が上がるほか、2005年9―10月には今回とほぼ同じ場所で、高さ100―200メートル程度の噴気が上がったことが、火山噴火予知連絡会に報告されている。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun