信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

乗鞍に響くアルプホルン ヨーデルの歌声も
2006/09/25 09:47
YAMA200609250033000122459273.jpg

 アルプホルンの演奏とヨーデルの合唱を楽しむ「花に捧(ささ)げるコンサート」が24日、松本市安曇の乗鞍高原で開かれた。地元の旅館経営者らでつくる乗鞍高原観光アソシエーションが展開している観光活性化策「乗鞍花劇場」の一つとして初めて開催。一の瀬園地近くの「まいめの池」のほとりで県内外の7組が計27曲を披露し、観光客ら約300人が乗鞍岳を眺めながらゆったりと音楽に浸った。

 アルプホルンは、同市と駒ケ根市、大桑村の愛好家5グループと地元の大野川中学校1年生が「ブーレケーニッヒ」「ラインナッハ」などをそれぞれ演奏。ヨーデルは仙台市の音楽家2人が「山男のヨーデル」などを歌った。1曲終わるごとに拍手とカウベル(鈴)が響き、手拍子が起きる場面もあった。

 同アソシエーションは、安曇地区が旧安曇村時代からスイス・グリンデルワルト村と姉妹都市提携を結びスイス音楽に親しんでいるため、今回のコンサートを企画した。

 観客がアルプホルンの演奏を体験できる時間も設けた。初めて吹いた名古屋市の会社員武石幸恵さん(25)は「おなかに力を入れないと音が出なかった。アルプホルンとヨーデルは高原の風景にぴったりで、日本じゃないみたい」と話した。

 「乗鞍花劇場」のイベントは、10月19日に「紅葉狩り」がある。問い合わせは乗鞍高原観光案内所(電話0263・93・2952)へ。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun