信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

松本 穂苅さんしのぶ
松本 穂苅さんしのぶ

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

ペットボトルに苦慮 槍ケ岳の山小屋に登山者持ち帰み
2006/08/26 10:18
YAMA200608260031060154608325.jpg

 北アルプス槍ケ岳の山頂付近にある槍ケ岳山荘と、登山ルート沿いにある槍沢ロッヂ=共に穂苅康治さん(57)経営=で、登山者が捨てていくごみが増えている。特にペットボトルの増加が目立つ。7月は両小屋でそれぞれ約600本にもなり、対応に苦慮している。

 穂苅さんによると、登山者が小屋に捨てていくごみが目立つようになったのは3年ほど前から。両小屋内の売店で販売する飲料のうち、ペットボトルの空き容器は売店で引き取り、缶と瓶については専用のごみ箱を置いている。登山者が山に持ち込んだものは持ち帰るよう、張り紙をしたり、夕食時に呼び掛けたりしている。

 だが、ごみ箱に捨てられるペットボトルの空き容器はいっこうに減らないという。分別に手間がかかる上、ヘリコプターで上高地に下ろすなど、山小屋の負担になっている。

 槍ケ岳は人気が高く、比較的登りやすいため、ピーク時には両山小屋の利用者はそれぞれ1日約300人に上る。穂苅さんは「今はガイドブックも豊富になり、初心者が経験者から山登りの基本マナーを学ぶ機会が少なくなっている」と指摘。「ごみを捨てる登山者も悪気はないと思う。山小屋がより積極的に登山のマナーを教える必要があるのかもしれない」と話している。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun