信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

登山道の豪雨被害は甚大 松本のNPOが県に報告書
2006/08/12 10:01

 松本市のNPO法人「信州まつもと山岳ガイド協会やまたみ」は11日、7月の豪雨被害で通行止めになっている同市安曇島々と徳本(とくごう)峠を結ぶ登山道の現地調査報告書を、県生活環境部に提出した。松本市の松本地方事務所で、同法人の百瀬尚幸会長が「被害は予想以上に甚大だった。一日も早く復旧してほしい」と、県の担当者に手渡した。

 「やまたみ」は昨年4月に法人格を取得。北アルプスの自然ガイドや環境整備などの活動をしている。今回は、登山者が歩けるかどうか、被害状況を正確に把握しようと、山小屋関係者を含む8人で調査した。

 調査報告書はA4判30ページ。土砂崩落や道路の決壊、橋の損壊、倒木など、大きな被害だけでも40カ所余りあると指摘している。一般登山者が歩ける状態ではなく、早急に修復工事を実施する必要がある-とした。

 報告書を受け取った県環境生活部の前島啓伸主任企画員は「こんなに被害があるとは思わなかった。県も報告書を参考に早急に調査し、関係機関と連携して復旧に努めたい」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun