信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

登山道が多数損壊 北アの上高地―横尾間
2006/07/25 09:45
YAMA200607250030270118329588.jpg

 豪雨の影響で、北アルプス穂高連峰や槍ケ岳に向かう松本市の上高地―横尾間の登山道が多数損壊している。通行できない個所はないが、増水した梓川の流れで一部が削り取られたり、沢からの土砂流出で埋まったりしている。市や環境省などは24日、市内で緊急対策会議を開催。山小屋関係者などから「入山者が増える梅雨明けに備え、早急に復旧を」との声が相次いだ。

 中信森林管理署(松本市島立)で開いた会議には環境省、国土交通省、林野庁、上高地町会などから約20人が出席。各機関が把握した被害状況を報告した。市安曇支所によると、上高地―横尾間(約10キロ)の梓川左岸だけでも、登山道や近くの沢などの15カ所で豪雨の被害を受けた。

 それぞれの報告によると、豪雨の後、市が登山道に堆積(たいせき)した土砂を取り除いたほか、付近の山小屋が沢に丸太を渡すといった応急処置をしたため、通行はできる。だが、山小屋経営者や上高地町会からは「次に大雨があると被害が拡大する恐れがある。早急に本格復旧させてほしい」「作業が大規模になる河川関係の復旧は、応急処置を含めて行政が責任を持ってしてほしい」などの要望が出た。

 市安曇支所は、上高地―横尾間の登山道のうち被害の大きい上高地―徳沢間の3カ所と、横尾付近の梓川沿いの崩落地1カ所について「登山者や観光客の安全を確保するため、市として早急に仮復旧を検討したい」とした。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun