信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

槍ケ岳登頂、迫力の山岳映画 松本で上映会
2006/06/18 10:03
YAMA200606180021000180304862.jpg

 山岳映画の制作・解説者、塚本福治郎さん(81)=東京都=の作品などを上映する「岳(たけ)の閲歴―塚本福治郎の眼差(キャメラ・アイ)」が17日、松本市のまつもと市民芸術館で開かれた。北アルプス・槍ケ岳と、槍ケ岳開山の祖・播隆上人を題材にした映画2作品を上映。塚本さんも訪れ、山岳写真家で播隆研究家でもある槍ケ岳山荘前経営者の穂苅貞雄さん(84)=松本市=と対談した。

 信濃毎日新聞社や上映作品を所有する立山博物館(富山県)などでつくる実行委員会が主催。来年の松本市制施行100周年に向けたプレイベントで約270人が来場した。

 三成善次郎さん(故人)が制作、塚本さんが再編集した「雲表の岩稜(がんりょう)を征(ゆ)く 高瀬入 槍ケ岳 北鎌尾根」(1956年)は、クライマーが槍ケ岳に登頂する様子を活写。岩場で浮き石をつかみ落石が起きるシーンでは、迫力ある映像に会場から叫び声が上がった。

 塚本さん主宰のプロダクションと槍ケ岳山荘の共同制作「=歴史の山旅=槍が岳開山」(1985年)は、富山県生まれの播隆の生い立ちや槍ケ岳初登頂までの足跡などを描いた。

 対談で塚本さんは「山岳での撮影は難しい。1週間滞在して、これという撮影が1カットしかできないことはよくある」と話した。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun