信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

太陽光に全面切り替え 中アで初 空木岳の山小屋
2006/06/10 09:51
YAMA200606100020720119359527.jpg

 中央アルプス・空木岳(2、864メートル)山頂直下にある山小屋「駒峰ヒュッテ」は今季から、ガソリンエンジンによる自家発電から太陽光発電に全面的に切り替える。中アの山小屋では初の取り組み。小屋を運営する同ヒュッテ運営委員会のメンバー4人がこのほど、太陽光パネルなどを設置した。

 4人は8日までの4日間、現地で作業。山小屋の屋根に縦約50センチ、横約1・2メートルのパネル7枚と縦約60センチ、横約1・3メートルのパネル4枚を据え付けた。屋内には低温に耐える蓄電器を置いた。

 同ヒュッテ管理責任者の堺沢清人さん(70)によると、このシステムの1日の蓄電量は最大約800ワット時。山小屋の1日の電気使用量は約360ワット時の見込みで「太陽光だけで営業できる」という。費用は約130万円かかった。

 ヒュッテは1969(昭和44)年に営業を始めた。当初はランプを使い、倒壊して新築した98年からはガソリンエンジンで発電してきた。昨季のガソリン使用量は約70リットル。堺沢さんは「シーズン中のお客さんは多くて400人。小さい山小屋だからこそ環境を考えた営業をしたい」と話している。

 今季の営業は7月16日から10月10日まで。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun