信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

夏山の安全願い開山祭 北ア針ノ木雪渓で慎太郎祭
2006/06/05 09:42
YAMA200606050019880170790543.jpg

 大町市の夏山開山祭「針ノ木岳慎太郎祭」が4日、日本三大雪渓の一つ、北アルプス針ノ木雪渓であった。「例年にない多さ」(実行委員会)という雪の残る雪渓を登る記念登山には、県内外から約110人が参加。青空の下、一面真っ白な雪渓を2時間ほどかけて登った。

 慎太郎祭は、国内で初めて山岳ガイド組合を結成し、針ノ木岳に山小屋を整備した百瀬慎太郎(1892-1949年)をしのんで開いており、49回目。雪渓下部で行った式典には、地元の山岳関係者ら約200人が出席、神事で夏山の安全を祈願した。

 その後、参加者は標高約2500メートルの針ノ木峠を目指して出発。「例年より固い」という雪を踏みしめながら登った。5月1日に発生した大規模な雪崩跡を通り、ガイドに当時の状況を尋ねる人もいた。

 ガイドによると、約2200メートル付近の積雪は約20メートルで、例年の2倍ほど。雪が固く滑りやすいため下山時の安全を考慮し、ここで引き返すことにした。それでも参加者は「晴れて眺めがいい」と、目の前に広がる山々の威容を楽しんでいた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun