信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西駒山荘
西駒山荘


霧ケ峰
霧ケ峰

涸沢
涸沢

西駒山荘
西駒山荘

例年になく多い残雪、安全誓う 白馬岳で開山祭 
2006/05/28 10:27
YAMA200605280019720158586891.jpg

 夏山シーズン入りを告げる北アルプス白馬岳(2、932メートル)の開山祭、第40回「貞逸(ていいつ)祭」が27日、北安曇郡白馬村で開かれた。村などによると、昨年8月に土砂崩落が起きた白馬大雪渓上部の斜面は安定し、大雪渓は当面、歩行可能と判断。記念トレッキングで約150人が、例年になく残雪が多い登山道を歩いた。

 猿倉登山口で関係者が登山の安全を祈願。福島信行村長は「登山者の安全の向上にさらに努める」とあいさつした。トレッキング参加者は靴にアイゼンを付けて出発。約1時間半で大雪渓下部の白馬尻に着いた。

 白馬尻の雪は約8メートル。例年より2、3メートル多いという。毎年参加している岡谷市の平林せつ子さん(60)は「雪が多く歩くのは大変だったが、最高の景色が見られた」。毎年建て直す白馬尻小屋の土台も雪の下で、オーナーの松沢貞一さん(54)は「(例年7月初旬の)オープンが若干遅れるかもしれない」と話していた。



北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun