信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

「山の手帖2018」
「山の手帖2018」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

浅間山噴火「系統樹」
浅間山噴火「系統樹」

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

松本 山岳フォーラム
松本 山岳フォーラム

北ア登山先駆者 百瀬慎太郎 大町で足跡振り返る
2006/01/29 10:26

 北アルプス登山の先駆者の一人、百瀬慎太郎(1892-1949年)について学ぶ講話「語り続けたい百瀬慎太郎」(針ノ木山岳会主催)が28日、大町市で開かれ、慎太郎が針ノ木岳の登山道に整備した針ノ木小屋と大沢小屋で働いた人など約50人が訪れた。

 市立大町山岳博物館の学芸員、関悟志さん(30)は、慎太郎が日本で初めて設立した山岳ガイドの組合が当初22人だったと紹介。「このうち具体的に分かったのは4人だけ。ほかに分かれば教えてほしい」と呼び掛けた。

 また、慎太郎の伝記を著した大町市の石原きくよさん(52)は、取材を通じ「いろいろな方の著書に慎太郎さんが出てきて、これだけの人がお世話になって山に登っていたのかとびっくりした」と話した。

 慎太郎の孫で小屋主の百瀬堯(たかし)さん(58)は「今でも慎太郎のことを思ってくださり、感銘し、感謝している」とあいさつした。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun