......................

山形・松本の3店「食べ比べ」
山形・松本の3店「食べ比べ」

伊那産 成分分析へ
伊那産 成分分析へ

戸隠そば 伊でPRへ
戸隠そば 伊でPRへ

辰野・川島地区
辰野・川島地区

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

山ノ内の味覚、一杯に詰め 道の駅で土日祝限定販売へ
2017/12/14 10:07
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

 山ノ内町佐野の道の駅「北信州やまのうち」の食堂で16日、志賀高原で収穫したネマガリダケと、北志賀高原特産のソバを使った新商品「サバタケ雪まくらそば」の販売が始まる。土日・祝日限定で1日約20食を提供。観光客らに、食を通じて町の魅力をアピールしていく。

 初夏に志賀高原で収穫したネマガリダケの水煮に、缶詰のサバの水煮を加え、みそやだし汁を入れて温かいつゆにする。ソバはこの秋に北志賀高原で収穫し、同町夜間瀬の雪室「スノーパル」で熟成させたもので、道の駅の機械で製麺する。

 スノーパルを活用する住民有志でつくる町雪室利活用協議会はこの夏、貯蔵した農産物や加工品に「雪まくら」のブランド名を使えるようにした。新商品には貯蔵したソバを利用しており、商品名に「雪まくら」を使った。

 道の駅を運営している町総合開発公社の事務局長前田将久さん(45)は「このそばを食べてもらい、初夏のネマガリダケ、秋の新そばを食べに再び町にお越しいただきたい」と話す。

 770円(大盛り880円)。食堂の営業時間は午前11時〜午後4時。

写真説明:志賀高原のネマガリダケと北志賀高原のソバを使った「サバタケ雪まくらそば」


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊