......................

山ノ内「サバタケ雪まくらそば」
山ノ内「サバタケ雪まくらそば」

高遠そば振興20周年記念誌
高遠そば振興20周年記念誌

青木「タチアカネ」PR上着
青木「タチアカネ」PR上着

伊那 ガレット用ソバ
伊那 ガレット用ソバ

塩尻 新そば祭り
塩尻 新そば祭り

新そば祭り、塩尻駅前に行列 スタンプラリーも開催
2017/11/21 11:05
塩尻 新そば祭り

 塩尻市のJR塩尻駅前広場で20日、手打ち新そば祭りが始まり、昼休みの会社員や旅行客らが長い列をつくり、新そばを味わった。特設テントで26日まで、市内6店が順番に出る。そば店や市観光協会でつくる実行委員会主催の「第5回信州塩尻そば切り物語り」の一部。今年はにぎわいを生み出すために会場を駅前に移し、内容も見直した。

 そば切り物語りは昨年まで毎秋、平出遺跡公園(宗賀)で開催。テントが2日間並び、新そばを提供した。今年は新そば祭りと、各店を回るスタンプラリーに内容を変更。各日とも午前11時から午後3時まで、もりそば(500円)とかけそば(600円)を販売する。100食限定で売り切れ次第終了する。

 20日は奈良井の「徳利屋」が出店。寒い中だったが、2時間ほどで売り切れた。駅近くに勤める会社員田村明枝さん(31)=松本市大村=はかけそばを食べ「体が温まる。昼休みに来られるので、今週はできるだけ来て食べ比べたい」と話していた。

 スタンプラリーは18日に始まり、来年1月21日まで。市内22店と、新そば祭り会場の計23カ所のうち6カ所のスタンプを集めると、来年の「塩尻ワイナリーフェスタ」のチケットなどが当たる抽選に応募できる。用紙は会場や各店に置いている。

写真説明:多くの人が列をつくり、新そばを味わった手打ち新そば祭り


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊