......................

青木 夢はそばの店
青木 夢はそばの店

辰野 名水で「寒ざらしそば」
辰野 名水で「寒ざらしそば」

南相木「滝見の湯」で提供
南相木「滝見の湯」で提供

松本に「かまくらや」直営店
松本に「かまくらや」直営店

生坂 学生にそば打ち指南
生坂 学生にそば打ち指南

夢はタチアカネそばの店 青木の「倶楽部」活動開始
2017/04/22 10:33
青木 夢はそばの店

 青木村特産のソバ「タチアカネ」を使ったそばの打ち手を育成しようと、村内外のそば好きが集まった「タチアカネ蕎麦(そば)打ち倶楽部(くらぶ)」は20日夜、「道の駅あおきふるさと体験館」で初めてそば打ちをした。将来は、会員が倶楽部認定のタチアカネそば提供店を村内外に出店する夢を膨らませている。

 同倶楽部は村のPR動画を制作・インターネット配信するNEWS(東京)社長の佐渡豊和さん(43)が発起人となり、2月から会員を募集。上田市や村内などから30代〜70代の34人が登録した。月に1回程度集まり、タチアカネそばを提供する店の職人から指導を受けて練習する。

 会員は、そば打ち初心者もいれば、趣味で始めて25年の人もおり、目的も打ち方の習得から技術向上、そば談議を楽しみたい―などさまざまだ。経験者でも独学で打ってきたため上手な人が打つのを見て学びたいという人が多いといい、会員同士も教え合う。

 会員はほとんどが初対面だったが、一緒にそばを打つうちに次第にうち解けていった。10年前から趣味でそば打ちをしているという井出一男さん(66)=佐久市臼田=は「そばを通して人の輪が広がっていくといい」。初心者という看護師の中村幸子さん(65)=上田市上田原=は「早く打ち方を覚えて友人に振る舞いたい」と意気込んでいた。

 8月には関東地方に対象を広げて会員を追加募集する予定だ。

写真説明:タチアカネを使ったそばを打つ会員


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊