......................

青木 夢はそばの店
青木 夢はそばの店

辰野 名水で「寒ざらしそば」
辰野 名水で「寒ざらしそば」

南相木「滝見の湯」で提供
南相木「滝見の湯」で提供

松本に「かまくらや」直営店
松本に「かまくらや」直営店

生坂 学生にそば打ち指南
生坂 学生にそば打ち指南

極寒の郷土食、独特の味わい 信濃町で凍りそば作り
2017/01/26 10:02
信濃町 凍りそば作り

 信濃町富濃の農事組合「信州黒姫高原ファミリーファーム」で凍りそば作りが行われている。加工所内の棚には、輪の形に丸められた約400個のそばが並んでいる。

 凍りそばは、氷点下に冷え込む大寒の頃に作られる保存食。地元産のそば粉を使った手打ちそばをゆでた後、そばを指で巻いて円形に整える。屋外で一晩凍らせてから屋内で約2カ月かけて乾燥させる。そのまま揚げたり、吸い物の具にしたりして食べると独特の食感が楽しめる。加工所に隣接する直営店「ぶんぶく亭」や道の駅しなのふるさと天望館で販売する。

 同組合理事の佐藤洋一さん(66)によると、もともと江戸時代から続く凍りそば作りは戦後に一度途絶えたが、約30年前から同組合が再び生産を始めたという。佐藤さんは「細々とだが手間をかけてでも郷土料理を残したい。先人の知恵を味わっていただきたい」と話していた。

写真説明:棚の上に丸めて並べ、乾燥させる凍りそば=24日、信濃町富濃


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊