......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

筑北村を「ソバ一大産地に」 日穀製粉、新事業計画
2017/01/20 11:04

 日穀製粉(長野市)が2017年度から5年間かけ、東筑摩郡筑北村で15ヘクタール以上のソバ畑の整備を計画していることが19日、分かった。遊休農地を活用し、そばの手打ち体験施設やソバの加工工場も併設する方針。事業を進める新会社「ファームめぶき」(松本市)を2月初旬までに設立し、村と協力して「ソバの一大産地」づくりを目指す。

 日穀製粉は、高齢化で農業の担い手が減る中、主力製品のそば粉の原料確保や遊休農地の解消を目指して事業を計画。離農者らの農地を意欲ある担い手に貸す農地中間管理機構(農地バンク)を通じ、松本市周辺で事業用地を探していた。筑北村本城で野沢菜農家が高齢化などで離農し、約3・5ヘクタールのまとまった農地が空いたため、同村で事業を展開することを決めた。

 新会社は17年度、村内に支所を設ける予定。村から遊休農地のあっせんを受けて農地を増やし、当初2年間は村から農機具や乾燥設備などを借りて事業を進める。併せて農地法で農地取得を認められる農地所有適格法人に移行。加工工場は20年1月に稼働させる方針だ。日穀製粉が長野市で運営する飲食店「食楽彩々そば処みよ田」の2号店の村内出店も計画している。

 筑北村は19日、村議会全員協議会で事業の受け入れ方針を説明。5年間で800万円ほどの補助金を出すなどして事業を後押しする。関川芳男村長は「村の知名度アップや遊休荒廃地の利用にもつながる」と説明。日穀製粉の準備委員会担当者は「村と協力しながら事業を進め、雇用面などで地域に貢献したい」としている。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊