......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

そばと地域の魅力発信 北信の農家らが団体設立
2016/04/21 10:31
北信地方 団体設立

 北信地方の農家らが、ソバの栽培を通して地域活性化を目指す団体「信州蕎麦(そば)リング」を立ち上げ、そばの魅力を発信する情報誌「SOBAZINE(ソバジン)」の発行に向けて準備を進めている。発行のため、インターネットによるクラウドファンディングで資金を募った。地域の魅力を多くの人に知ってもらい、遊休農地の活用や移住促進などにつなげたい考えだ。

 信州蕎麦リングは昨年、長野市と飯綱町、信濃町の3農家が中心となって発足。メンバーが2町内に持つ遊休農地など49アールで栽培を始めた。

 そばの魅力を積極的に発信しようと、情報誌を発行することにした。メンバーの1人で、出身地の長野市と都内を行き来しながらコンサルティング業務に携わっている小原知子さん(42)が、資金集めにクラウドファンディングの活用を提案。都内にいる小原さんの知人も協力し、ソバを使ったレシピ集のほか、信州の自然の魅力も合わせて伝える予定だ。

 資金集めは3月下旬にインターネット上で開始。県内外の20人余から申し出があり、約1カ月で目標額の30万円を達成した。5月11日まで支援者を募り、目標額を上回る分は栽培面積の拡大に役立てるという。

 試験的に栽培した昨年度は、ソバ約100キロを収穫。今後、支援者に返礼としてそば粉を送るという。情報誌は、支援者と内容を協議しながら、今夏までの発行を目指す。

 小原さんは「田舎と都心の双方のニーズをつなぎ、新しいコミュニティーをつくっていきたい」と話している。希望者は、信州蕎麦リングのサイトから参加できる。

写真説明:そばの魅力を伝える情報誌の発行に向けて、県内外から資金提供者が集まったインターネット上のサイト


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊