......................

伊那 行者そば祭り
伊那 行者そば祭り

木曽 開田高原そば祭り
木曽 開田高原そば祭り

松本 そば祭り
松本 そば祭り

上伊那 スタンプラリー
上伊那 スタンプラリー

小諸 ソバの実人気
小諸 ソバの実人気

箕輪町、赤ソバ栽培拡大へ 収量安定に向け
2015/07/22 10:27
箕輪 栽培拡大へ

 箕輪町は赤ソバの栽培拡大を目指している。本年度新たに、同町上古田の畑1ヘクタールで地元の営農組織が作付けを計画。町は21日の町議会臨時会に、種の購入費やイノシシ対策の電気柵設置費など214万円余を追加する本年度一般会計補正予算案を提出、可決された。赤ソバの特産品化を進め、農業や観光の振興につなげる狙いだ。

 町内では現在、上古田区の4・2ヘクタール、長岡区の1ヘクタールで赤ソバを栽培。上古田区の畑は「赤そばの里」として知られ、秋の開花期に県内外から見物客でにぎわう。

 町の第三セクターみのわ振興公社は昨年7月、中箕輪で運営する農産物直売所「にこりこ」隣に、バイキングレストラン「にこりこキッチンたべりこ」を開業。町内産の赤ソバの実を手打ちそばにして提供し、人気を呼んでいる。

 昨年は開花期の降雨や低温が影響し、上古田区での収量が200キロと例年の700キロを大幅に下回った。公社は町内産の赤ソバを年間1・3トン確保したい考え。収量安定に向けて、町が栽培規模拡大を後押しすることにした。

 町内のそば店から赤ソバを扱いたいとの声もあるという。町の担当者は「収量を増やし、赤ソバの町としてPRしていきたい」としている。

写真説明:一面ピンク色になった箕輪町上古田の赤ソバ畑=昨年9月25日


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊